使うだけで簡単に割れた腹筋を手に入れられると噂の「バタフライアブス」EMSダイエットマシーンの人気おすすめ商品をご紹介します!実際に使ってみて効果のあったものは?口コミが高いものはどれ?

「バタフライアブス」EMSマシン・EMSパッドダイエット.com

バタフライアブス

バタフライアブスとシックスパッドの違いは?効率よく鍛えられるのはどっち?特徴から価格まで徹底比較

投稿日:

 

「シックスパッドとバタフライアブスってどっちが良いの?」

 

そんな声をよく耳にします。

どちらもEMS機器ですし、パッと見ても大きな違いはないように思えますよね。

私もずいぶん悩みました。苦笑

 

今回は、どっちを買おうか悩んでいる方に向けて、シックスパッドとバタフライアブスを色々な視点から徹底比較してみました!

 

「似ているようで違うんだな~」

 

と、少しでも2つの違いを知ってもらえたら嬉しいです。

 

バタフライアブスとシックスパッドの「電極パッド」を比較

バタフライアブスとシックスパッドに使われている電極パッドは次のものです。

 

  • バタフライアブス・・・ジェルシート
  • シックスパッド・・・ゲルパッド

 

バタフライアブスのジェルシートは真ん中の金具を取り外すだけで簡単に交換ができます。

一方で、シックスパッドのゲルパッドは1枚ずつパッドを貼り替えないといけません。

これがなかなか大変なんですよね・・・。

私はバタフライアブスを使っているのですが、不器用でも簡単に付け替えることができます!

 

電極パッドの値段はシックスパッドのほうが安い

電極パッドは消耗品なので、どちらも定期的に買い替える必要があります。

値段は次の通りです。

 

  • バタフライアブス・・・3,800円・2枚セット
  • シックスパッド・・・3,283円・1セット

 

シックスパッドのほうが少し安いですが、そこまで大差はありません。

ちなみにどちらも公式サイトの値段です。

少しでもコストを抑えたい方はシックスパッドのほうがいいかもしれませんね。

ただ、貼り替える手間を考えると、個人的にはバタフライアブスのほうがおすすめです。

 

バタフライアブスとシックスパッドの「電源」を比較

どちらも充電式となっています。

充電時間はシックスパッドが5時間、バタフライアブスは3時間前後です。

1回の充電で使える回数は、シックスパッドが約30回、バタフライアブスが約10回です。

回数を比較するとシックスパッドのほうが圧倒的に多いです。

 

しかし、どちらも1日に1~2回程度しか使わないものなので、バタフライアブスの10回という数字でも全く問題ありません。

使用後に充電する習慣を身に着ければ

 

「充電が切れて使えない・・・」

 

ということにもなりませんよ。

 

バタフライアブスとシックスパッドの「強度」を比較

バタフライアブスもシックスパッドも電気の強さを調整することができます。

バタフライアブスは10段階、シックスパッドは20段階となっています。

20段階ってすごいですよね!

 

強ければ強いほど良いというわけではありませんが、男性や筋肉量の多い女性はレベルがたくさんあるほうが良いのかもしれません。

どっちにしても自分に合った強さを選ぶことが大切です。

最初から強いレベルにすると刺激が強すぎる可能性がありますので注意してくださいね。

 

バタフライアブスとシックスパッドの「周波数」を比較

シックスパッドの周波数は20Hzと公表されています。

一方で、バタフライアブスは周波数が公表されていないんです。

ちなみに、周波数とは

 

『電気が伝わる振動のこと』

 

です。

単位はHz(ヘルツ)で表示されます。

周波数が電気を筋肉に伝えてくれるのですが、この数値が大事なんです!

シックスパッドの20Hzというのは、実はトレーニング効果が最も継続しやすい数値なんですよ。

 

20Hzよりも高い周波数を用いると、約60秒で、筋肉の張力が低下してしまいます。筋肉が神経生理学的な条件を満たすことができず、トレーニング効果があまり望めない状態に陥ってしまうのです。20Hzは、時間が経過しても張力を保っているため、継続して効率的なトレーニングを行えるということが結論付けられました。
参考:Moritani et al. Exp Neurol 88:471-483,1985

 

上記の内容を、シックスパッドの開発に加わった京都大学名誉教授の森谷敏夫さんが解説しています。

トレーニング効果を持続させたい人はシックスパッドのほうが良いでしょう。

バタフライアブスについては公式サイトにも数値が記載されていなかったので、現時点では何とも言えません。

 

バタフライアブスとシックスパッドの「使用部位」を比較

使用部位には大きな違いがあります。

まず、シックスパッドは使う部位によって機器を使い分けなければいけません。

腹筋を鍛えるシックスパッドは腹筋にしか使えませんし、違う場所を鍛えるにはまた新しい機器を購入する必要があるのです。

たとえば

 

「腹筋と二の腕のたるみをどうにかしたい!」

 

という場合はシックスパッドのほかに腕専用のArm Belt(アームベルト)が必要です。

ちょっと・・・というより、けっこうめんどくさいですよね。苦笑

 

バタフライアブスは1つで色々な場所に使える!

一方で、バタフライアブスは1種類でどこにでも使えます!(心臓の周りや首から上の部分は除く)

腹筋と二の腕を鍛えることも、もちろん大丈夫です。

コンパクトで収納場所を選ばないので、旅行やお出かけ、出張にも持っていけますよ。

 

たしかにシックスパッドはそれぞれ専用のパーツがある分、効果も高いのかもしれません。

しかし

 

「本格的に鍛えるよりもEMS1つで色々な部位を鍛えたい!」

 

という人にはバタフライアブスがおすすめです。

あなたがEMSに求める効果を考えて選ぶと良いでしょう。

 

バタフライアブスとシックスパッドの「価格」を比較

続いてはバタフライアブスとシックスパッドの価格を比べてみました!

 

  • バタフライアブス・・・12,800円(税抜)
  • シックスパッド・・・23,800円(税抜)

 

どちらもなかなかの金額ですよね。

どっちも買うのは難しそうです・・・。

 

ただ、バタフライアブスのほうが1万円以上も安くなっています!

バタフライアブスの公式サイトでは不定期でキャンペーンが開催されているようなので、それを利用すればもう少し安く購入できるかもしれませんね。

10,000円ちょっとなら比較的試しやすいのかな?と思います。

 

一方で、シックスパッドは20,000円を超えています・・・。

もちろんそれだけ効果があるということなのでしょう。

リーズナブルなものを選ぶか、効果がより期待できるものを選ぶかはあなた次第です。

 

比較結果!結局どっち?バタフライアブスとシックスパッドの選び方

色々な視点から比較してきましたが、それぞれに良さがあることが分かりました。

値段も機能も使い方も違いましたよね。

どちらを選ぶかについては正解不正解はありません。

あなたがEMS機器に何を求めているのかによって選ぶことが大事です!

 

たとえば

 

「気軽に試したい」

 

という方はリーズナブルなバタフライアブスがおすすめですし、

 

「しっかりとトレーニングをして筋肉を付けたい」

 

という人は高い効果が期待できるシックスパッドのほうが良いでしょう。

私は色々比較した結果バタフライアブスを買いましたが、決め手になったのは

 

「バタフライアブス1つで色々な部位が鍛えられる点」

 

でした。

しかも意外と安い!笑

こんな風に、自分の希望に合った商品を選べば後悔することはありませんよ。

 

まとめ

EMS機器を選ぶときは、自分の求めるものを基準に選ぶことが大切です。

口コミの良さや公式サイトの情報も大事ですが、それだけは買った後に後悔する可能性もあります。

今回ご紹介した比較内容を参考にして、どっちが自分に合っているかを見極めましょう!

 

 

-バタフライアブス

Copyright© 「バタフライアブス」EMSマシン・EMSパッドダイエット.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.